FC2ブログ

渓流散策とか日々のことども

気軽に釣りをしながら身近にある自然美をみつけ歩記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2018 新年おめでとうございます

明けましておめでとうございます。
気づけばあっという間に2017年がおわり、年を越していた、という気がする。なんか去年の後半から時間が加速したような気分だ。なに慌てているんだろうね。
31日に除雪作業やったせいだろう、左肩に鈍痛を感じる。無理などしていないのだが・・・たしか昨年は前半から体調に悩まされたんだった。今年はそんなことにならないように。

週間天気予報は雪続きで、あまりよい絵もないので、去年の終わり頃に撮ったものをいくつか。

朝の金色。朝から日差しが射すような日には、こんな風景が見られる。この日はこの程度だったけれど、もっとはげしく金色というかオレンジ色に燃えるような光景となることがある。

朝の金色2

レンズを太陽に向けて撮ったもの。

2018の空

十日町橋からの風景。夏空を思わせるほどの好天だった。

2017-12の十日町橋からの風景

昨年中訪問された皆さま、ありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。


にほんブログ村


スポンサーサイト
  1. 2018/01/02(火) 11:25:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

戸沢川のつづきときのこ

ことしは雨が多くて気温も低めの日が多かった。夏バテ体質の自分にはありがたかったが、この冬はどうなるのか。雪が多くなるのかなあ。そんなこと思っていると、この秋初の冬型の天気になった。
べつに珍しくはないが、この秋は晴れが少なかった気がする。青空に映える紅葉を見ずに終わってしまった。
いまさらながら戸沢川上流の続きを書く。フォルダを整理していたら書きかけの記事をみつけた。
なんとなく不完全燃焼な釣行だったので、記事を書く手が進まず放置していたのだ。それですっかり忘れていた。

きのこ。
なんとか時間をとって山に入っている。昨年はナメコの収量がイマイチだったので、ナメコを求めての散策だが、いまひとつなっとくいく成果がない。
クリタケはわりと好調だ。

見玉クリタケ

津南見玉付近、ここは近年、公園が整備されて、休日には人も多い。雑木林に入ると、杣道があって、これをたどると面白いところに出る。中津川にかかる穴藤のつり橋とダムを見下ろす崖の上。

穴藤のつり橋とダム

この下でなんども釣りをした。50cmもあろうかという魚にイトを切られ、眠れなかったこともあった。
大淵でヤマメを魚籠に満たしたこともあった。・・・むかしのことで、またそんな経験ができるかどうか。工事の音が聞こえていた。
これはブナハリタケ。

ブナハリタケ

オツネンタケモドキか?

オツネンタケモドキ2


この日、クマを見た。黒いものが駆けていく。途中立ち止まり、こっちをふり向いたので、クマだと分かった。だがまたしてもデジカメの用意が間に合わず、ろくに撮れずじまい。くっそー!!

見玉のクマ

赤い丸の中の黒いのがそれ。そんなに大きくない。せいぜい1mくらいか。まだ穴に籠らないものがいたんだな。

2017もみじ

こんな光景をもうちょっと撮りたかった。


にほんブログ村

  1. 2017/11/23(木) 22:34:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ナメコ、クリタケ

風強し。
この台風はまだ遠くにあるころから本土に風雨をもたらしている。もっとも日曜日はそんなに風がなかったので、濡れるのを覚悟で出かけた。目当てのところを少し歩いたら帰るつもりだった。

2017ナメコ

意外にも状態の良いナメコを袋ひとつ収穫。そして驚いたのがクリタケ。量といいサイズといいハンパない。いやこれくらいのは過去にもあったけれど、深山ならともかくこんなに早い時期に、この場所で採れたのは初めてだ。リュックにすべては入らなかったので、とくによいものを選んで採った。

2017クリタケ

2017クリタケ2

気温の低さが発生を促しているんだろうか。それにしてもきのこはおもしろいなあ。


にほんブログ村

  1. 2017/10/23(月) 22:43:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きのこと天然ブドウのワイン

やまぶどう酒。

2017 やまぶどう酒

2017やまぶどう

去年もやってみたけれど、失敗した。人の話だと焼酎を入れて雑菌の繁殖を抑えるのだというので、そうしてみたけれど、焼酎(果実酒用リカー)が足らなかったのか腐らせてしまった。今回はすこし違う手法を用いて、なんとか成功。素人の出来にしては上等だろう。
味は、なんというか酸味がつよくて、荒々しい。原始の酒はこんなものだったのだろうと想像する
11月まで待てば甘みが増すそうだが、それを待っていると、鳥とか獣に先を越されて採れなくなる。
春の渓流釣りをやっていると、よくヤマブドウのツルをよくみつけて、秋に採りに来ようとかおもうんだけど、今のこの頃には草藪がはげしくて近寄れなかったりする。それであきらめることが多かった。今回はすこしばかり気合いを入れて草藪に突入した。

2017ハナイグチ
ハナイグチ

2017乙女の傘

オトメノカサ

キノコはあまりなかったなぁ。小さなハナイグチとかがいくつか。陰鬱な天候の中、雨にぬれぼそってやっとこれだけか。なんだかいつもより発生が遅いような気がする。

2017nameko.jpg

今年初のナメコをみつけた。採るにはまだ早い。ほかに気づいた人がいなければ、来週には収穫にちょうどいいと期待している。

2017hoteisimeji.jpg

これはホテイシメジ。これを食べながら飲むと悪酔いするというが、今のところそんな経験はしていない。


にほんブログ村


  1. 2017/10/16(月) 21:05:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ここ最近のまとめ

9月中は、もうシーズンも終わると思い、釣りに行った。でもなんか集中できず、ろくな釣果もなし。
魚野川ではハヤの小物に遊ばれただけ。

津南足滝夕日

信濃川。津南足滝でルアー。一投目でヒット!ところがバラシ。
ここは足滝川から降りてきた魚が釣れる。以前からこのあたりにルアーの包装が捨ててあったりして、トラウトポイントとして知られている。僕も一度、21cmのニジマスを釣っている。

津南足滝

 ほかにもルアータックルを持った釣り師が現れて、みごと釣り上げていた。僕はそれを見て引き上げることにした。


10月にはいって樽田の森に来てみたが、トンビマイタケにはお目にかかれず。わずかに痕跡を見たに過ぎなかった。よく調べると、どうもこのきのこは夏のものらしい。10月では遅すぎるのだ。去年より枯れたトンビマイタケがすくなかったのは、ちょうどよい時期に採取されたからかもしれない。そのかわりアマンダレ(ナラタケ)がリュックにひとつ採れた。状態のよくないものも多かったが。

2017樽田の森アマンだれ

圧巻だったのがツキヨタケ。なんだこりゃ。カサの径が20cmを超えるものもある。なかなかうまそうで、中毒事故起こす人がいるのもわかる。

2017樽田の森月夜タケ2

2017樽田の森月夜タケ

2017樽田の森バカマツタケ

 
白くてまるいキノコがあった。マツタケによく似るが、周囲はブナ林で、マツはない。これがバカマツタケか。即断は禁物だが、持ち帰り調べると、どうもそうらしい。においはマツタケ以上という記述もあるが、そんなでもない。カサに顔を近づけると、花か果物みたいなにおいがする。もう育ち切って香りは拡散してしたのかもしれない。色も白いし・・・このくらいは個体差の範疇か。

カバイロツルタケ。食用なのはわかっているけれど、どうもツボ付きは敬遠する。ほかに採るものがなければ採ったかもしれないけれど、リュックはアマンダレで重くなっている。

2017樽田の森カバイロツルタケ

 カノシタ。このキノコとは近年、縁がある。

2017樽田の森カノシタ

峠から見た松之山天水越。

松之山天水越



にほんブログ村


  1. 2017/10/02(月) 23:01:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。